やはり従来メディアが強し……年末年始は「スマホよりテレビ」「SNSより年賀状」 | RBB TODAY

やはり従来メディアが強し……年末年始は「スマホよりテレビ」「SNSより年賀状」

エンタープライズ モバイルBIZ

年末年始におけるメディアの視聴・閲覧状況
  • 年末年始におけるメディアの視聴・閲覧状況
  • 年末年始におけるスマートフォンの利用時間
  • 年末年始におけるスマートフォンの起動回数
  • 年末年始におけるアプリの利用時間
 ジャストシステムは23日、『年末年始のスマートフォン利用』に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は1月13日~14日で、事前調査でスマートフォンを利用していると回答した10代~60代の男女500名から回答を得ている。

 それによると、年末年始(2014年12月30日~2015年1月5日)において、「1日あたりの平均接触時間がもっとも長かったメディア」は、「テレビ」が276分でトップ。世代ごとに見た場合でも、全世代でトップとなった。「テレビ」の平均接触時間が全世代中、一番短かったのは10代で189.2分。「スマートフォン」の184.8分を若干上回っている。なお2014年12月度調査で、10代の1日あたりの「テレビ」接触時間は101.8分となっており、年末年始は、従来メディアである「テレビ」視聴に、2倍近い時間を費やしたことが明らかとなった。

 あわせて「年賀状」についても質問。「すべての知人に年賀状を投函した」人は21.0%でトップ。以下「年賀状も出したが、1割ぐらいの知人はSNSで済ませた」14.8%、「今年の年賀状をいっさい出さずに、すべてSNS上のコミュニケーションで代用した」13.6%、「7割ぐらいの知人はSNSで済ませた」8.2%が続いている。こちらでも従来メディアである、紙の年賀状の強さが浮き彫りとなった。

 「年末年始における、1日あたりの平均的なスマートフォン起動回数」は、10代は6.5回で、12月の休日・祝日の平均的な起動回数7.2回(2014年12月度調査)を下回っている。一方、20代は6.1回で、平均起動回数の5.9回を年末年始のほうが上回っている。同じく30代も6.8回に対して6.1回となっていた。ただし「年末年始におけるニュースアプリの平均利用時間」は全体平均28.1分で、平均利用時間30.96分(2014年12月度調査)よりも短くなるなど、「SNSアプリ」以外のアプリは、年末年始のほうが平均利用時間が短い傾向が見られた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top