水元秀二郎、加護亜依との不倫による「報い」否定……「あの子の件じゃないです」 | RBB TODAY

水元秀二郎、加護亜依との不倫による「報い」否定……「あの子の件じゃないです」

エンタメ ブログ

 肝臓がんを告白した俳優の水元秀二郎が6日、自身のブログを更新。肝臓がん発表の際に「今までやって来たことの報いか」などとコメントしたことが、過去に報じられた元モーニング娘。の加護亜依との不倫騒動を指すものと受け取られたことについて「あの子のネタの件じゃないです」と訂正した。

 水元は5日に更新したブログで、「今までやって来たことの報いか、病名は肝臓癌(がん)でした」と明かし、「これから長い闘病生活になると思います。1日、1日を大切に生きます」とつづっていた。

 自身が「報い」と表現したこともあり、メディアでは2009年に報じられた加護との不倫騒動を紹介したが、水元は「もうあの子もご結婚されて、旦那さんも、お子さんもいて、幸せにしてらっしゃるでしょうし、面白おかしく書くのは止めて下さい。俺にも家族や子供がいます。あんな昔のネタを引っ張り出されてたんじゃ、みんなが傷付きますよ」とコメント。「報い」という記述に関しては、「俺が報いと言ったのは、中学からグレて、親不孝ばっかして、少年院に行ったりしてた事を染々と思い出して、ふと出た言葉です。あの子のネタの件じゃないです」と説明した。
《花》

関連ニュース

特集

page top