不倫体験者が共感? 「昼顔」はなぜヒットした | RBB TODAY

不倫体験者が共感? 「昼顔」はなぜヒットした

エンタメ 映画・ドラマ

上戸彩×吉瀬美智子/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
  • 上戸彩×吉瀬美智子/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
  • 上戸彩&斎藤工/木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
 女優・上戸彩が不倫妻を演じて話題となっているフジテレビ系連続ドラマ「昼顔」。いよいよ今夜最終回を迎えるが、これまで平均視聴率は13%を超えるヒットを記録している。主婦の不倫という“昼ドラ”ではおなじみのテーマながら、ゴールデンタイムで放送された同ドラマがここまでのヒット作となった理由はどこにあったのか。

 同クールで放送された「HERO」(フジテレビ系)の大ヒットがあったため、ややその陰に隠れてしまった感はあるが、「昼顔」もほとんどの回で13%台の視聴率をキープ。さらに回を重ねるごとに右肩上がりとなり、前回の第10回では同ドラマ最高となる16.7%の高視聴率を叩きだした。

 放送開始前から、清純派女優である上戸が不倫妻役を演じるとあって、特に男性ファンの期待を集めていた同ドラマだが、一方では、まるで不倫妻のイメージに似つかわしくない上戸にその難しい役どころがこなせるのかと心配する声も聞こえてきた。ただ、始まってみれば、上戸の清楚さがかえって心に葛藤を抱く平凡な主婦像を際立たせ、さらに不倫相手役・斎藤工とのカップルがぴったりマッチ。ドロドロの内容にも関わらず、なぜか清潔感すらを感じてしまうという不思議な状況。そして気付いてみれば女性のハートをがっちりキャッチ。反対に当初“上戸の不倫”というキャッチーで刺激的なトピックに下心満々で期待していた世の中の男性たちは、あまりにドロドロした内容と、まるで自身の恋人や妻がドラマに感化されて不倫に走ってしまうのではないかというような怯えから、すっかり意気消沈してしまったと言って良いだろう。

 番組公式サイトに寄せられている「体験談」も、女性からのものばかり。しかもその多くは、体験談であると同時に悩み相談のような、やはりドラマの主人公たちと同じように葛藤や良心の呵責に苦しむ様が赤裸々につづられている。世の中にはこれほどまでに不倫体験者が多く存在し、また、そうした人たちが一様に、自身の葛藤を登場人物に重ね合わせていることに驚くだろう。このドラマの成功は、これまで大ぴらに姿を見せずに潜んでいた多くの不倫体験者たちの“等身大”を描ききったことにあったというところか。

 なお、同サイトのアンケートを見てみると、「不倫は絶対に許せない」との質問で「そう思わない」が過半数の67%、そのほか、身近に不倫している(していた)人が「いる」(70%)、パートナー以外の異性にときめいたことが「ある」(80%)……。なるほど、同ドラマが視聴者にとって“リアル”であるワケだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top