海老蔵、“波平”永井一郎さんを追悼 「とても寂しいですね…」 | RBB TODAY

海老蔵、“波平”永井一郎さんを追悼 「とても寂しいですね…」

エンタメ ブログ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、4日に更新した自身のブログで、先月27日に亡くなった声優の永井一郎さんを偲んだ。

 国民的アニメ『サザエさん』の波平さん役などで知られた永井さんの葬儀・告別式が3日に営まれ、その様子をテレビで見ていた海老蔵は、「サザエさんという番組は本当に日本人の心に深く愛されているのだなぁと思いました…」と感慨深げにつづり、「子供の頃から拝見していましたから…なにかとても寂しいですね…」と、幼いころから親しんだ“波平さん”との別れを惜しんだ。

 海老蔵は、『サザエさん』の放送45周年記念特番として昨年11月に放送されたフジテレビ系ドラマ「長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~」で、自身の祖父である9代目市川海老蔵役で出演。そうした縁もあり、「一層感じるものがあったりします」という海老蔵。「日曜日のあの時間の暖かいこと…明日は学校なんだなぁ~と思いながら見ていた子供の頃が懐かしく思い出されます」と、同アニメを見ていた当時を振り返るとともに、「永井一郎さん心よりお悔やみ申し上げます」と、故人に哀悼のコメントをつづった。

 永井さんは1月27日、宿泊中だったホテルの浴槽で倒れているところを従業員に発見され、搬送先の病院で死亡が確認されたという。82歳だった。
《花》

関連ニュース

特集

page top