クラウドPBXとPHSを使った、高齢者住まい向け「ナースコール連携サービス」開始 | RBB TODAY

クラウドPBXとPHSを使った、高齢者住まい向け「ナースコール連携サービス」開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
ナースコール連携サービス 提供イメージ
  • ナースコール連携サービス 提供イメージ
  • 「サービス付き高齢者向け住宅」とは(すまいづくりまちづくりセンター連合会サイトより)
 ソフトバンクテレコムとウィルコムおよびアジルネットワークスは10月18日、クラウドPBXと公衆PHSを利用した「ナースコール連携サービス」を発表した。「サービス付き高齢者向け住宅」向けに、11月1日から提供を開始する。

 「サービス付き高齢者向け住宅」は、2011年の法改正により登録可能となった、介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住宅を指す。ただし、従来の高齢者福祉施設では、ナースコールと構内PBX(内線PHS用交換機)とを連携したシステムが用いられているが、「サービス付き高齢者向け住宅」では、こういった設備は用意されていないことが一般的だった。

 「ナースコール連携サービス」は、ナースコールメーカー大手のケアコムの高機能ナースコール情報通信システム「CICSS」と、アジルネットワークスのクラウドPBX(電話交換機)およびウィルコムの公衆PHSを連携させたシステムとなる。クラウドPBXなどを利用することで初期投資を大幅に抑えたのが特徴。施設職員の公衆PHSを使い、入居者からの呼び出しへの応答通話や職員同士の内線通話、さらに外線電話が利用できる。これにより、夜間や休日などケアの専門家が不在の際も、呼び出しを外部の提携先や関連施設に転送できる。

 「ナースコール連携サービス」はソフトバンクテレコムが販売を担当し、サービス付き高齢者向け住宅の運営事業者や医療法人向けに関連サービスを含めて展開する。月額料金での提供となる(初期費用は別途必要)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top