IoT機器を複数実装した分譲戸建て住宅が登場 | RBB TODAY

IoT機器を複数実装した分譲戸建て住宅が登場

IT・デジタル セキュリティ

「ニーズヴィラSMARTHOME」のイメージ。タブレットやスマートフォンから自宅のIoT機器を制御でき、安心と利便性を同時に提供することを目指している(画像はプレスリリースより)
  • 「ニーズヴィラSMARTHOME」のイメージ。タブレットやスマートフォンから自宅のIoT機器を制御でき、安心と利便性を同時に提供することを目指している(画像はプレスリリースより)
  • 「ニーズヴィラSMARTHOME」では、定期的なアンケートに回答するモニターになれば、1年間無料でIoT機器を利用できる(画像はプレスリリースより)
  • 実装されるIoT機器業務協力メーカー各社の概要。スマートロック、クラウドセキュリティカメラ、見守りロボットなど各種IoT機器が実装される(画像はプレスリリースより)
 ニーズコーポレーションは、最新のIoT機器をあらかじめ実装した分譲戸建住宅「ニーズヴィラSMARTHOME」の開発と今夏の販売を開始すると発表した。

 「ニーズヴィラSMARTHOME」は、玄関にスマートロック「Qrio」、防犯用にクラウドセキュリティカメラ「セーフィー」、宅内には見守りロボット「BOCCO」やスマートライト「Philips Hue」など、様々なIoT機器を実装した分譲戸建て住宅となる。

 中には月額利用料がかかるサービスもあるが、当初1年間の利用料に関しては、モニターになることで、同社が負担するとのこと(利用者がアンケートへの回答が条件)。

 防犯から見守り、利便性の向上を目的としており、モニターから収集された意見や感想は、同社と業務提携するIoT機器メーカーへとフィードバックされるそうだ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top