国内サーバ市場、マイナス成長予測が顕著に……今後5年はマイナス3.3%成長で推移 | RBB TODAY

国内サーバ市場、マイナス成長予測が顕著に……今後5年はマイナス3.3%成長で推移

 IDC Japanは8日、2013年~2017年の国内サーバ市場予測を発表した。2012年~2017年の期間、年間平均成長率はマイナス3.3%となり、市場縮小すると予測された。

エンタープライズ ハードウェア
国内サーバ市場予測:2008年~2017年
  • 国内サーバ市場予測:2008年~2017年
 IDC Japanは8日、2013年~2017年の国内サーバ市場予測を発表した。2012年~2017年の期間、年間平均成長率はマイナス3.3%となり、市場縮小すると予測された。

 2012年の国内サーバ市場規模は、メインフレームが好調で、国内市場は、2008年以来のプラス成長だった。x86サーバ市場も、小幅ながら3年連続のプラス成長。しかし一方、国内RISC & IA64サーバ市場は、2011年の「京」出荷の反動から大幅なマイナス成長となっている。

 2013年の国内サーバ市場規模は、2012年から5.6%の市場縮小で4,205億円になると予測された。x86サーバ市場は、クラウドおよびモバイルデバイスの普及を受け引き続き成長を維持するも、メインフレーム市場が、大型案件の集中した2012年の反動から二桁のマイナス成長となると予測された。

 そして、2012年~2017年の国内サーバ市場は、年間平均成長率マイナス3.3%で縮小すると予測された。2017年の市場規模は、3,761億円になる。今後、国内サーバ市場に占めるx86サーバの出荷額構成比がさらに上昇し、x86サーバ主体の市場構造に変化していくと予測されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top