「まだAKB48として頑張りたい」……AKB48片山陽加、事務所移籍の理由明かす | RBB TODAY

「まだAKB48として頑張りたい」……AKB48片山陽加、事務所移籍の理由明かす

エンタメ ブログ

突然、所属事務所を移籍してファンの間で話題となっていたAKB48片山陽加
  • 突然、所属事務所を移籍してファンの間で話題となっていたAKB48片山陽加
  • 事務所移籍した理由を明かした片山陽加のブログ
 1日にこれまで所属していた事務所を移籍したアイドルグループ・AKB48の片山陽加が、移籍した理由を自身の公式ブログにつづっている。

 所属事務所アトリエ・ダンカンとのマネジメント契約が3月いっぱいで終了したことにともない、同グループの佐藤亜美菜とともに、AKB48グループを運営するAKSに移籍した片山。突然の発表に、2人のブログやGoogle+のコメント欄には心配したファンからの声が多数寄せられていたが、片山は2日に更新したブログで初めて移籍について言及し、「自分でもっと色んな事にチャレンジしていきたいからと辞める事を事務所に言いました」と、移籍を決意した理由を明らかにした。

 前事務所ではAKB48としての活動以外にも、ミュージカルなど舞台の仕事もこなしていた片山。先月も事務所プロデュースのミュージカル「新幹線おそうじの天使たち」に出演しており、片山自身も「ミュージカルに出させてもらって舞台の楽しさを知り、将来は舞台でやっていけたらという夢もできました」と、舞台女優としての道も視野に入れるほど手応えを感じていたようだ。

 しかし、そんな片山だが、まだAKB48として活動したい気持ちの方が強かった様子。前事務所で片山をアイドルから舞台女優へとシフトチェンジさせていくなどの方針があったかどうかは不明だが、片山は「今はAKBの一員」とキッパリ。「将来の夢に一歩でも近づきたいその思いもありますが、まだAKB48として頑張りたい。AKBであるうち色んな仕事をもっとやってみたい!」との思いをつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top