「メンバーよって処分が違うのはなぜ?」……AKB48峯岸みなみ騒動で劇場支配人が事情説明 | RBB TODAY

「メンバーよって処分が違うのはなぜ?」……AKB48峯岸みなみ騒動で劇場支配人が事情説明

エンタメ ブログ

 AKB48・峯岸みなみの“丸坊主謝罪”をめぐり、ネット上で「行き過ぎでは?」「メンバーによって処分が違うのはなぜ?」といった声があがっていることを受け、AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏が公式ブログで事情を説明している。

 1日に更新したブログで戸賀崎氏は、「峯岸の謝罪映像に関してまして、ファンの皆様から多数のご意見やご質問を頂いております」と騒動について言及。動画という形で配信した理由については、峯岸本人からファンに直接謝罪したいとの要望を受けて行ったとのことで、“坊主頭”については、「峯岸本人からの『坊主頭での謝罪』を行いたいという強い意思と、そこに込められたAKB48に対する想いを感じたため予定通り配信することを決定しました」と説明。「坊主頭にまでする必要があったのか?」との質問については、「必要があったか?なかったか?と言えば、なかったでしょう」とした上で、「ただ、峯岸は、その中でどうしても自分の思いの強さを伝えたかったということでした。メイク室から出てきた時は、すでに坊主頭だったと聞いています。そばにいたスタッフは止めたようですが、馬鹿だと思われるかもしれないけど、今、自分にできる反省を形にしたいと取り乱すことなくハサミを前髪に入れたと聞いています」と、運営側が強要したのではなく、あくまで峯岸本人が独断で行ったものであることを強調した。

 また、「スキャンダルが発覚したメンバーによって処分が違うのは不公平ではないか」と指摘する声については、「できれば、共通の規則を作れればいいのですが、メンバーによって状況が違うので、統一することが難しいというジレンマがあります」と、状況に応じて処分を決めていることを明かし、一部ネット上でささやかれている“ひいき”ではないことを強調している。
《花》

関連ニュース

特集

page top