ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、喉の不調でソロ公演ツアー延期を発表 | RBB TODAY

ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、喉の不調でソロ公演ツアー延期を発表

 人気急上昇中のエアーバンド・ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔が、喉の不調により12月に開催を予定していた自身のソロ公演ツアー「ひとりよがり3」の全公演を延期することを自身の公式ブログで発表した。

エンタメ ブログ
 人気急上昇中のエアーバンド・ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔が、喉の不調により12月に開催を予定していた自身のソロ公演ツアー「ひとりよがり3」の全公演を延期することを自身の公式ブログで発表した。

 鬼龍院は21日付けのエントリーで、「12月のひとりよがり3は私、鬼龍院翔の喉の不調により全公演を延期させて頂きます。本当に申し訳御座いません」と、体調不良による延期を報告するとともに謝罪した。今回で3回目となるソロ公演ツアーは12月13日の北海道・札幌市民ホールを皮切りに福岡、大阪、名古屋、東京の5都市で計7公演を予定していたが、これら全公演が延期となる。延期の時期については未定とのことだが、「ご当選したチケットはそのまま使えるようにします、勿論払い戻しも受付ます。ご当選者様には後日こちらから御案内をさせて頂きます」としている。

 ゴールデンボンバーは、2004年に結成した男性4人組のビジュアル系グループ。ボーカルの鬼龍院を除く楽器担当メンバーはライブで楽器演奏の“当て振り”をしながらダンスや早食いパフォーマンスなどを行うエアーバンドの形態をとっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top