現役獣医が歌手デビュー!ロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」 | RBB TODAY

現役獣医が歌手デビュー!ロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」

エンタメ 音楽

現役獣医が歌手デビュー!ロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」
  • 現役獣医が歌手デビュー!ロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」
  • 現役獣医が歌手デビュー!ロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」
 現役獣医・Dr.kana率いる謎のロックバンド「ジグヘッド バンシーズ」がワールドキャットデーである8日にレコチョクやiTunes含む大手配信サイトで「Veterinarian~獣医の調べ~」を楽曲配信することが1日、分かった。

 今年6月、バンドがボーカルをマネージメントする業界初の試みで結成した同ロックバンド。Dr.kana以外のメンバーはそれぞれ覆面をかぶりギターでプロデューサーのチクターク、beasT(ビースティー)、ベースのビッキー・ガブリエル、ドラムのアンドロメダ・ナティスの4人からなる。

 楽曲配信することになったのは同楽曲にのせたお色気映像を6月9日にYouTubeにアップしたところ、タイ、オーストラリア、ドイツ、メキシコ、インドネシア、韓国、サウジアラビア、イタリア、 フランス、フィンランドといった日本以外の各国で反響を呼び問い合わせが。

 ボーカルのDr.kanaは麻布大学獣医学部獣医学科を卒業後、2008年に北海道の動物病院で外科主任、外科部長をつとめ、北海道のカリスマ獣医として注目を浴びていたが、正社員勤務を辞めて歌手を目指すため上京。現在はフリーランスとして都内の病院で獣医として働く一方で音楽活動を行っている。

 Dr.kanaは「ここからがスタートです。『このまま診察とオペだけをして、私は死ぬのかな』と恐怖を感じた時、音楽を通して、命の大切さ、獣医師という仕事があるということ、獣医師が人間らしく働ける環境が必要ということを伝えたいと思いました」と音楽活動のきっかけを明かし、「エンターテイメントの一環として、服を脱いででも発信していきたいです」と熱い意気込みを語っている。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top