NEC、インテルXeon Phi採用で超並列処理を実現した「Express5800/HR120a-1」発売 | RBB TODAY

NEC、インテルXeon Phi採用で超並列処理を実現した「Express5800/HR120a-1」発売

エンタープライズ ハードウェア

「Express5800/HR120a-1」
  • 「Express5800/HR120a-1」
  • 「インテルXeon Phiコプロセッサ」
  • 希望小売価格(税別)および出荷開始日
  • 製品仕様(抜粋)
 日本電気(NEC)は13日、IAサーバ「Express5800シリーズ」において、従来機との比較で、処理性能を大幅に向上させたラック型サーバ「Express5800/HR120a-1」の販売を開始した。インテルXeon Phi製品ファミリーを搭載したのが特徴。

 「Express5800/HR120a-1」は、インテルXeon E5-2600製品ファミリーを2個まで搭載可能なことに加え、インテルの最新アーキテクチャ「MIC」に対応。補助処理装置のインテルXeon PhiコプロセッサをPCIボードに最大2枚まで搭載可能とした。これにより、1サーバで最大520スレッドの同時並列処理を実行できるという。

 インテルXeon Phiでは従来と異なり、処理データを、PCIボードに搭載するアクセラレータに主記憶装置(メモリ)を経由せずに直接通信させることが可能で、データ処理における遅延時間を大幅に短縮している。またNEC独自のI/Oアーキテクチャ「シンメトリックアーキテクチャー」を採用し、従来機比最大15倍となるビッグデータの高速処理性能を実現した。価格は1,400,000円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top