丸でも三角でも雲形でも……シャープ、ディスプレイ形状を自由に作れる技術開発 | RBB TODAY

丸でも三角でも雲形でも……シャープ、ディスプレイ形状を自由に作れる技術開発

エンタープライズ ハードウェア

「フリーフォームディスプレイ」試作品
  • 「フリーフォームディスプレイ」試作品
 シャープは18日、多様なアプリケーションに応じて、自由にディスプレイ形状をデザインできる「フリーフォームディスプレイ」を開発したことを発表した。

 従来のディスプレイは、表示領域の外周部に「ゲートドライバ」(駆動用回路)を配置する額縁幅が必要なため、四角形状が一般的となっている。「フリーフォームディスプレイ」では、ゲートドライバを表示領域の画素内に分散して配置することで、自由な形状のディスプレイを設計することを可能とした。同時に額縁もきわめて細くすることが可能となっている。IGZO技術の応用と独自の回路設計手法により、実現したとのこと。

 これにより、「スピードメーターとその他のモニターを1つのディスプレイに組み合わせたインパネ」「円形ディスプレイを搭載したウェアラブル機器」などが実現できるという。今後は早期量産化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top