若槻千夏、「私はもうテレビ向いてないッス」……ブログで反省しきり | RBB TODAY

若槻千夏、「私はもうテレビ向いてないッス」……ブログで反省しきり

 タレントの若槻千夏が、メディアの取材を受けた際に“芸能人”としての対応が出来なかったとして、「完全に普通の人のインタビューみたいで本当に申し訳ないです...」などと反省の言葉を自身の公式ブログにつづっている。

エンタメ ブログ
 タレントの若槻千夏が、メディアの取材を受けた際に“芸能人”としての対応が出来なかったとして、「完全に普通の人のインタビューみたいで本当に申し訳ないです...」などと反省の言葉を自身の公式ブログにつづっている。

 若槻は、現在開催中の「13年春夏東京コレクション」に、自身がプロデュースするアパレルブランド「wc」(ダブルシー)のデザイナーとして参加したことで、複数メディアからの取材を受けたという。16日に更新したブログではその際の様子について言及したが、当日は裏方作業の途中だったこともあり、囲み取材ではインタビューに上手く応じることができなかったようで、「スリムクラブさんにもPONで来て頂き、私が普通過ぎたのにも関わらず面白くして頂き、やはり芸人さんの凄さを感じました。バラエティの大変さを思い出しました...」「サンジャポも久々に来てくれて相変わらず正解が見つけられないままインタビューおしまい。笑」「本当に申し訳ないです...」と反省しきりだ。

 かつては数多くのバラエティ番組に出演する売れっ子タレントとして活躍した若槻だが、2007年に芸能界から一時距離を置くことを発表して以降は同ブランドのプロデュース業に専念していることもあり、テレビからは久しく遠のいている。とはいえ、“裏方”として活動するようになった現在でも、やはりタレントとしての対応ができなかったことを悔いる気持ちが強いようで、「私はもうテレビ向いてないッス。反省ばっか...」と、弱気な発言も飛び出している。
《花》

関連ニュース

特集

page top