車内外を同時撮影できるドライブレコーダー、液晶はタッチパネルを採用 | RBB TODAY

車内外を同時撮影できるドライブレコーダー、液晶はタッチパネルを採用

IT・デジタル その他

衝撃検知機能搭載GPSドライブレコーダー「LE-DCR04-GPS」
  • 衝撃検知機能搭載GPSドライブレコーダー「LE-DCR04-GPS」
  • 操作部
  • 本体と付属品
  • 専用ビューアーソフトで車内/車外の撮影映像を再生しつつGoogleマップで走行ルートを確認するイメージ
 ルックイーストは、カメラを2基搭載したドライブレコーダー「LE-DCR04-GPS」を発表した。販売開始は7月2日。希望小売価格は16,800円。

 同製品は、3型液晶ディスプレイを搭載し、撮影映像をその場で確認できるドライブレコーダー。タッチパネルを採用し、画面へのタッチ操作に対応する。

 カメラは2基装備しており、車内と車外を同時に撮影することが可能(車内撮影用カメラは270度回転式)。記録メディアはmicroSDHCカード(4~32GB)で、常時録画するサイクル録画システムを採用し、記録容量を超えると過去の映像から消去して上書きする仕組みとなっている。

 自動ロック機能付き衝撃検知「Gセンサー」を搭載。Gセンサーで衝撃を検知するとその映像は上書きせずに保存する。専用ビューアーソフトをパソコンにインストールすることで、撮影映像をパソコンで再生・編集することが可能。GPS機能を搭載し、Googleマップで走行ルートや衝撃を検知した場所などを表示できる。さらに衝撃の大きさのグラフ表示にも対応する。

 12V/24V車に対応。動画の記録形式はAVIで、JPEGの静止画撮影にも対応。撮影動画の解像度は1,280×480ピクセル。車載方法は 吸盤式ブラケット方式。本体サイズは幅109×高さ45×奥行き54mm、重さは約128g。付属品は車載マウンタ/配線留め/シガープラグアダプタ/GPSケーブル/GPS設置用シール/USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top