パナソニック、スマホからの遠隔操作・自分撮り機能などWi-Fi搭載デジカメを機能強化 | RBB TODAY

パナソニック、スマホからの遠隔操作・自分撮り機能などWi-Fi搭載デジカメを機能強化

IT・デジタル その他

DMC-FX90(ブラック)
  • DMC-FX90(ブラック)
  • DMC-FX90(レッド)
  • スマホの画面上で被写体を確認してシャッターを押すデジカメ遠隔操作のイメージ
 パナソニックは28日、コンパクトデジカメ「LUMIX DMC-FX90」のファームウェアアップデートを開始した。

 アップデートするファームウェアのヴァージョンは「Ver.2.0」。今回のファームアップにともないスマートフォン向けの新アプリ「LUMIX remote」を提供開始。ファームウェアをアップデートし、「LUMIX remote」を利用することで、Wi-Fi経由で「DMC-FX90」をスマートフォンから操作できるようになった。

 スマートフォンからのワイヤレス操作の機能として、「DMC-FX90」の液晶ディスプレイの表示内容をスマートフォンの画面に表示できる「リモートビュー」機能を搭載。スマートフォンの画面でカメラのズーム倍率調整やシャッターを切る操作が行なえる。

 また、鏡反転したライブビュー表示により、液晶ディスプレイで確認しながら自分撮りが可能な「自分撮りモード機能」を備えた。

 ファームウェアはWindows用とMac用のいずれも専用サイトから無料ダウンロードが可能。新アプリは、Android&trade向けは「Google Play&trade」(バージョン2.3以上)、iOS向けは「App Store」(バージョン4.3以上)でそれぞれ入手できる。

 「DMC-FX90」は2011年9月発売のコンパクトデジカメ。有効画素数1,210万画素ハイスピードCCDと光学5倍ズームレンズ、3型タッチ液晶ディスプレイを搭載し、フルHD動画撮影に対応。大きな特長としてWi-Fi機能と備えており、撮影データをWi-Fi経由で送信することが可能となっている。

 製品発表当初の予想実売価格は35,000円前後(オープン価格)で、本体カラーはレッド/ブラックの2色展開。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top