2眼カメラや狭額縁デザインはなぜ見送った?「Xperia」開発担当者に聞く【MWC 2018】 | RBB TODAY

2眼カメラや狭額縁デザインはなぜ見送った?「Xperia」開発担当者に聞く【MWC 2018】

ソニーモバイルは今年のMWCでAndroidスマホ「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」などの注目製品を発表した。日本のメディア向けに開催されたグループインタビューの機会に参加して、新しいXperiaの気になるポイントを開発者に聞いてみた。

IT・デジタル スマートフォン
商品企画を担当する染谷氏
  • 商品企画を担当する染谷氏
  • 今年のMWCで発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compact
  • デザインチームの飯嶋義宗氏
  • 新しいXperiaのデザインは光の演出がポイント
  • 煌びやかなXZ2の背面
  • 淡く光を拡散させるXZ2 Compactのデザイン
  • 4K/HDR対応カメラの性能を比較。白トビせず細部まで被写体が捉えられる
  • 現在開発中のデュアルレンズカメラ用センサーの実力を紹介する技術展示
 世界最大級のIT・モバイルの展示会「MWC2018」が26日に幕を開けた。今年もソニーモバイルは大規模なブースを出展して、Androidスマホ「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」など注目製品を発表した。日本のメディア向けに開催されたグループインタビューに参加して、新しいXperiaの気になるポイントについて開発者に聞いてみた。

 なおスマートフォンのXperia新製品の機能やスペックの詳細については先にお伝えしているレポートを参照してほしい。

※「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」速報レポート

 グループインタビューに答えてくれたのは「XZ2」「XZ2 Compact」の商品企画を担当したソニーモバイルコミュニケーションズの染谷洋祐氏、並びにプロダクトデザインの責任者であるソニー クリエイティブセンターの飯嶋義宗氏だ。

商品企画を担当する染谷氏
商品企画を担当する染谷氏


デザインチームの飯嶋義宗氏
デザインチームの飯嶋義宗氏


■大きく変わったデザインのポイント

 新しいXperiaのスマートフォンは現行モデルの「XZ Premium」「XZ1」と比べて見た目にデザインが大きく変わっているし、カメラ機能もまた強化した。4K/HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)の動画コンテンツをスマホで撮って、HDR対応のディスプレイによって最高のコンディションで見られる。スマホ単体で楽しんでもいいし、USBメモリーを介して4K/HDRテレビの大きな画面で見ることも可能だ。

今年のMWCで発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compact
今年のMWCで発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compact


 新機種のデザインコンセプトについては「アンビエントフロー」と名付けて、光の反射や屈折によって生じる煌めきや色合いの変化を活かしている。一応各機種ごとにカラバリの名前は付いているが、なかなかブラック、シルバーといった感じにその見え方をひと言で表して伝えるのが難しくなった印象だ。XZ2のバックパネルでは「光の流れる様子」を再現。XZ2 Compactは「光の拡散」をテーマにしている。

新しいXperiaのデザインは光の演出がポイント
新しいXperiaのデザインは光の演出がポイント


 XZ2はリアにフラットな面がない曲面ガラスを採用。ガラスを使っているので、手に取った時の重量感はXZ1と比べてしまうと確かに感じられるが、緩やかにカーブした背面が手にしっくりと馴染むので持ちにくくなった感じはしない。たとえとして適切かどうかわからないが、iPhone XとiPhone 8 Plusを持ち比べた手応えに似ているかもしれない。

煌びやかなXZ2の背面
煌びやかなXZ2の背面


 XZ2 Compactは透明な樹脂製パネルを背面から着色したことによって透き通るような色合いに仕上げた。パネルの触感はXZ2が光沢系で、XZ2 Compactはサラサラとしたマット系になる。

淡く光を拡散させるXZ2 Compactのデザイン
淡く光を拡散させるXZ2 Compactのデザイン


 商品企画の染谷氏は「昨今のスマホはスペックや機能に詳しい方々はともかく、一般の方々は“見た目=デザイン”で選ばれることが多い。Xperiaも使う人に寄り添う機能美を最優先しながら、また新たなデザインにチャレンジした」として、コンセプトから一新したXperiaのデザインをアピールした。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top