NEC、宮城県亘理町で地デジ対応TVを活用した「まちづくりコミュニティ形成支援システム」テストを実施 | RBB TODAY

NEC、宮城県亘理町で地デジ対応TVを活用した「まちづくりコミュニティ形成支援システム」テストを実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

仮設住宅での導入イメージ図(有線で接続)
  • 仮設住宅での導入イメージ図(有線で接続)
  • 自治会/町内会等での導入イメージ図(電波で配信)
  • 超小型送信ユニット
 日本電気(NEC)は8日、宮城県亘理町において、地上デジタル対応テレビを活用した「まちづくりコミュニティ形成支援システム(愛称:絆チャンネル)」のテストを行うことを発表した。亘理町 宮前地区の仮設住宅85世帯を対象に、来年3月末まで実施する予定とのこと。

 このテストは、地域のコミュニティ形成支援や情報格差解消、さらに新しいまちづくり支援が目的。亘理町およびNPO法人ICA文化事業協会と協力し、テストを行う。

 「まちづくりコミュニティ形成支援システム」は、住民にとって役に立つ生活に密着したコンテンツを、自治体や住民が自ら制作し、超小型送信ユニットを活用して、簡単な操作で各世帯の地デジ対応TVに配信する。コンテンツは家庭用ビデオカメラとPCで簡単に制作でき、日常的に利用しているテレビでコンテンツ視聴ができるため、高齢者や子供も含め住民全員が参加できるという。

 具体的には、住民の紹介、住民主催の娯楽や朝市などのイベント情報・様子など、住民同士の親睦を深めるコンテンツや、子育て情報、防災防犯情報など、身近な生活に密着したコンテンツを住民自らが作り配信することで、新たなコミュニティづくりの促進や高齢者の外出意欲の向上などを実現する。また画像と動画を活用し、自治体など公的機関からの重要なお知らせを、住民に正確に配信することで、高齢者や視力・聴力が弱った人に対しても確実な情報伝達を図る。そのほか、病院や保健所からのお知らせ、栄養管理士による料理番組、保健指導員や生活習慣指導員などによる健康情報や健康体操などを配信することで、住民の健康増進や病気の予防などを支援する。

 NECでは、このテストを通してシステムの実用化を推進するとともに、新たな生活基盤・社会基盤となるスマートコミュニティの確立に取り組んでいく考えだとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top