レディー・ガガ、GLAADアワードにノミネート | RBB TODAY

レディー・ガガ、GLAADアワードにノミネート

エンタメ その他

レディー・ガガ
  • レディー・ガガ
 レディー・ガガが、中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟(GLAAD)のメディア・アワードにノミネートされた。レズビアンやゲイ、バイセクシャル、そしてトランス・ジェンダー(LGBT)の人々に対して公平で正確、かつ生活に影響している問題を描写したメディアに名誉を送る目的で開催される、第23回GLAADメディア・アワードにて、最優秀音楽アーティスト賞を巡ってガガは、ビバリー・マクレランとガール・イン・ア・コーマ、そしてハンクス・アンド・ヒズ・パンクス、MENと争うことになる。

 また、最優秀TVコメディ・ドラマシリーズに『glee』のキャスト陣がノミネートされており、クリント・イーストウッド監督作『J・エドガー』は最優秀長編映画拡大公開作品部門にノミネートされている。

 チャスティティという名前で生まれ、3年前に性転換手術を受けたチャズ・ボノは、『ビカミング・チャズ』で最優秀ドキュメンタリー番組と、出演した『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』で最優秀トークショーエピソードの2部門にノミネートされている。

 GLAAD代表マイク・トンプソンは「メディアはLGBTの人々やその家族について新しい物語を伝え続けており、アメリカ人の大半がアメリカにおけるLGBTの完全な平等を支援しています」「今年度の候補者は、我々のコミュニティにおける多様性を強調すると共に、啓発し受け入れています。人々は過去最大とも言るほどLGBTの人々の生活を反映した今日のメディアで、自分達の世界を見ることが出来るのです。LGBTの個性や物語は、単純にアメリカ全土の人々自身の経験の自然な拡張であり、それを垣間見ているものだということを、視聴者の皆さんは知っています」と声明文にて発表した。

 GLAADアワードは、3月24日にニューヨークで、4月21日にロサンゼルス、そして6月2日にサンフランシスコにて3回に渡り発表される予定だ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top