レオナルド・ディカプリオが来日会見!「ハリウッドは魔法のような世界」 | RBB TODAY

レオナルド・ディカプリオが来日会見!「ハリウッドは魔法のような世界」

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見が26日、都内で行われ、同作に出演するオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督ほかが登場した。

エンタメ 映画・ドラマ
レオナルド・ディカプリオ【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ【撮影:小宮山あきの】
  • 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見
  • クエンティン・タランティーノ監督【撮影:小宮山あきの】
  • レオナルド・ディカプリオ【撮影:小宮山あきの】
 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見が26日、都内で行われ、同作に出演するオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督ほかが登場した。

 タランティーノ監督が執筆に5年の歳月を費やし、ディカプリオとブラッド・ピットを初共演させた同作は、1969年のハリウッド黄金時代を舞台に、人気のピークを過ぎたTV俳優のリック(ディカプリオ)と、親友クリフ(ピット)の姿を描く(8月30日から全国公開)。

 ディカプリオは、同作の出演を引き受けた理由を聞かれると「リックという役に惹かれました。時代が変化する中で、リックとクリフの二人の友情や関係がどう変わっていくかということ。そのバックヤードを監督から全部聞かされて、彼らが変わっていくストーリーだったので、この作品をやってみたいという気持ちになりました」と答えた。

 「ディカプリオとブラピの二人を起用した理由は?」と聞かれたタランティーノ監督は、「二人がこのキャラクターたちにピッタリだからです」とコメント。また「自分が選んだというよりも、彼らが僕を選んでくれたんだと思う。沢山のオファーの中から自分を選んでくれたことがラッキーだったし、作品の内容にも惹かれてくれて、二人のキャスティングができたことは、世紀のクーデターじゃないかなと思います」と笑顔を浮かべた。

 同作でブラピと親友役を演じたディカプリオ。「共演の際は、どのような準備をした?」と聞かれたディカプリオは、「ピットが演じるクリフも私もこの業界に属していて、でもその時代のド真ん中にいるわけではない、ちょっと落ちぶれているところがある役柄でした。ピットも私もキャリア的には成功していますが、この業界の周りを見ていますし、キャラクター二人がどういう状況なのかは非常によく分かりました」とハリウッド映画の世界の厳しさを語った。

 また、役作りのために50年代から60年代のスターや売れなかった当時の俳優についてリサーチしたことを明かすと、「リックを演じるにあたって、沢山の当時の俳優さんを参考にしました。色んな忘れられた人や私が知らなかった人たちのことが分かり、改めてハリウッドは魔法のような世界だと、私にとって素晴らしい経験になりました」とコメントした。

 作品の内容にちなみ「身の回りで起こった奇跡は?」と質問されると、「僕はハリウッドで生まれて、LAで育ちました。この業界をよく知っているので、俳優であることがいかに大変なことかが分かります。世界中の人がハリウッドに来ても、夢を叶えられないのが現状です。私は子どもの頃からハリウッドにいたので、学校が終わるとオーディションを受けに行く生活ができたのでラッキーでした。今俳優として仕事があること、自分に選択肢があることが奇跡なので、日々感謝しています」と回答した。

 「ハリウッドは自分自身にとって、どういう意味を持っている?」との問いには、「ハリウッドもLAも生まれ育った場所で、家族も友達もいるので私の一部です。僕にとってハッピーな気持ちになる場所です」と笑顔で熱い思いを語っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top