国内x86サーバー市場、出荷台数首位はHP……IDC調べ | RBB TODAY

国内x86サーバー市場、出荷台数首位はHP……IDC調べ

エンタープライズ ハードウェア

2010年 国内x86サーバー オープンチャネル市場ベンダーシェア【出荷台数】
  • 2010年 国内x86サーバー オープンチャネル市場ベンダーシェア【出荷台数】
 IDC Japanは7日、国内x86サーバー市場におけるチャネル別出荷動向を発表した。

 これによると、国内x86サーバー市場における商流(商品流通ルート)を「ベンダーダイレクト出荷」「関連会社向け出荷」「オープンチャネル向け出荷」に区分した場合、2010年にオープンチャネル向けに出荷されたx86サーバーの台数は22万9,000台で、x86サーバー全出荷台数の4割強を占めた。

 さらに2010年にオープンチャネル向けに出荷されたx86サーバーの台数について、サーバーベンダー別に集計。HPがトップシェアとなった。HPは、大手ディストリビューターで主として扱う製品の地位を固めており、40%シェアを獲得。2位はNEC、3位は、4位は富士通だった。

 2010年のオープンチャネル向け出荷台数は、ダイワボウ情報システム、ソフトバンクBB、大塚商会の大手ディストリビューター3社で65%を占めた。2004年では、3社合わせて40%に届かなかったが、オープンチャネル市場で、3社の取り扱う出荷台数比率は、増加傾向を示している。多くのオープンチャネルがサーバーベンダーからの直接購入より、「ワンストップ購入」および「幅広い購入選択肢」が可能な大手ディストリビューターからの購入に切り替えてきたことが、大手ディストリビューターの取り扱い比率増加に繋がったとIDCでは考察している。ちなみに大手ディストリビューターの多くは、HPとIBMの両方のx86サーバー製品を取り扱っており、オープンチャネル市場では、長年に渡り両社の競合状態が続いているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top