【地震】日本コカ・コーラ、自販機25万台の冷却運転を輪番で停止 | RBB TODAY

【地震】日本コカ・コーラ、自販機25万台の冷却運転を輪番で停止

エンタープライズ 企業

自販機
  • 自販機
  • 自販機
  • 自販機の貼り紙
  • 自販機を輪番で停止するイメージ
 日本コカ・コーラは15日、夏場の電力供給不足に対する節電協力として、自主的な使用電力削減を開始すると発表した。自動販売機では25万台を対象に33%の削減、8つの工場では6月上旬から9月末まで4ヵ月間、東京電力管内で対前年比25%以上の削減を目指す。

 自動販売機は、既に実施している照明の24時間消灯や13時から16時までの全台の冷却運転停止に加え、10時から21時までのピーク時間帯に、3つのグループに分けた自動販売機の冷却運転を輪番で停止する。これにより、常に3台に1台が冷却のためのコンプレッサー機能が停止している状態となる。輪番による冷却運転の停止は6月上旬より順次開始し、9月末まで実施する予定。

 工場では3つのグループに分け、平日に輪番で製造ラインを休止する。すべての工場で5日連続の生産を行うようにし、合算で使用電力を削減しながら安定した供給を継続する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top