ドコモ、富士通、NECなど6社、携帯電話向けアプリプラットフォームの共同開発に合意 | RBB TODAY

ドコモ、富士通、NECなど6社、携帯電話向けアプリプラットフォームの共同開発に合意

 NTTドコモ、ルネサス、富士通、日本電気(NEC)、パナソニック モバイル、シャープの6社は26日、Linux OSおよびSymbian OSに対応した、新たな携帯電話向けアプリプラットフォーム(AP-PF)の共同開発を行うことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
アプリケーションプラットフォーム イメージ図
  • アプリケーションプラットフォーム イメージ図
  • メーカー各社から販売されている携帯電話
 NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクス、富士通、日本電気(NEC)、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社は26日、Linux OSおよびSymbian OSに対応した、新たな携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム(AP-PF)の共同開発を行うことを発表した。

 2011年度後半に発売予定の携帯電話への搭載を目標に、共同開発を行う。Symbian OS、Linux OSの両方に対応したメーカー4社(富士通、NEC、パナソニックモバイル、シャープ)の携帯電話に、共通で搭載が可能なAP-PFの開発を目指す。これにより4社は、携帯電話のアプリケーション処理における基本機能の独自開発が不要となり、開発期間の短縮や開発コスト低減が可能となる見込み。

 AP-PFは6社の携帯電話開発のノウハウを融合し、アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上、3Dグラフィック処理機能の拡充など、さらなるマルチメディア機能強化を目指すとのこと。またこのAP-PFは日本国内のみならず、全世界の携帯電話市場に提供が予定されている。またAndroid等のオープンOSへの対応も検討中とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top