ドコモ「DOCOPY」、フロッピーディスクへの対応を終了へ | RBB TODAY

ドコモ「DOCOPY」、フロッピーディスクへの対応を終了へ

エンタープライズ モバイルBIZ

「DOCOPY」端末(ドコモショップサイトより)
  • 「DOCOPY」端末(ドコモショップサイトより)
  • 「DOCOPY」の主な機能
 NTTドコモは20日、ドコモショップ店頭に設置されている「DOCOPY」(ドコピー)端末について、フロッピーディスクへの対応を順次終了することを発表した。

 「DOCOPY」は、携帯電話のメモリデータバックアップを行える端末。フロッピーディスクやCD-Rなどへ電話帳データなどをコピーできるほか、iCカード内データの消去、SDメモリーカード内データの移行などが利用できる。これにより、端末乗り換え時などのデータ引き継ぎが可能となっている。

 一方で近年フロッピーディスクの利用は激減しており、「フロッピーディスクからのデータの復元機能について、保守対応が困難」とし、今後DOCOPY端末が故障した場合は、以降はフロッピーディスクからの復元機能は終了させるとしている。

 同社では、フロッピーディスクにデータをバックアップしているユーザーに対し、他メディアへの移行を呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top