NECエレ、業界最小クラスの消費電力を実現した32ビットマイコン発売 〜 78品種を製品化 | RBB TODAY

NECエレ、業界最小クラスの消費電力を実現した32ビットマイコン発売 〜 78品種を製品化

エンタープライズ モバイルBIZ

NECエレクトロニクスのフラッシュメモリ内蔵32ビットマイコン
  • NECエレクトロニクスのフラッシュメモリ内蔵32ビットマイコン
 NECエレクトロニクスは17日、業界最小クラスの低消費電力を実現したフラッシュメモリ内蔵32ビットマイコンにおいて、78品種を製品化したことを発表した。同日より順次サンプル出荷を開始する。

 新製品は、小型機器向けに外部接続端子や内蔵フラッシュメモリ容量を最適化した品種を中心に構成。20MHz動作時において1MIPSあたりの消費電力を同社従来品と比べ約半分となる0.9mW(従来品は1.7mW)へ大幅に削減した。さらに、最大512キロバイトのフラッシュメモリ、USB2.0、リアルタイム・カウンタを搭載するなどの機能強化をした品種でも、待機時0.7μA(リアルタイム・カウンタ動作時)の低消費電流を実現した。

 また標準的なQFP(Quad flat package)以外に、40ピンでボディサイズが6mm×6mm、48ピンで同7mm×7mmのQFN(Quad flat no lead)パッケージ(厚さ0.75mm)を採用し、同社32ビット従来品(100ピンQFP、14mm×14mm)に対して、外部接続端子数を半分以下、パッケージ厚さを46%、パッケージ面積を最大で82%削減した。外部接続端子64ピンでボディサイズが5mm×5mm、6mm×6mm、外部接続端子113ピンでボディサイズが8×8mmのBGA(Ball grid array)パッケージもラインナップし、さらなる実装面積の削減、セットの小型化を可能とした。

 サンプル価格は、メモリ容量やパッケージの種類、端子数などにより異なるが、16キロバイトのフラッシュメモリ、8キロバイトのRAMを40ピンのQFNパッケージに搭載した「V850ES/JC3−L」が200円/個などとなっている。量産は6月から順次開始される予定で、量産規模は2011年度に78品種合計で年間500万個を計画しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top