NECエレ、1300万画素写真・フルHD動画の撮影を実現できるケータイ組込カメラ用LSIを発売 | RBB TODAY

NECエレ、1300万画素写真・フルHD動画の撮影を実現できるケータイ組込カメラ用LSIを発売

エンタープライズ ハードウェア

NECエレクストロニクスの携帯電話向けカメラ用LSI「CE151」
  • NECエレクストロニクスの携帯電話向けカメラ用LSI「CE151」
  • 「CE151」の主な仕様
 NECエレクトロニクスは4日、携帯電話端末で業界最高クラスの解像度での写真撮影を実現する組み込みカメラ向けLSI(カメラエンジン)を製品化し、「CE151」の名称でサンプル出荷を開始した。

 「CE151」は、CMOSイメージセンサと組み合わせることで、携帯電話へカメラ機能を付加できる基本的な画像処理機能をはじめ、JPEG圧縮や超解像(美解像)機能などを1チップに内蔵した画像処理用LSI。業界最高クラスの解像度となる1300万画素の写真撮影やフルHD(1920×1080画素)の動画撮影が可能。ノイズ除去機能の強弱の調整精度を色毎にきめ細かく設定できるようにしたことにより、従来よりも高画質化を実現した。露出制御やホワイトバランス設定の機能改良によるカメラ機能の起動からプレビュー画面表示までの待ち時間を短縮し、ノイズリダクション性能の向上により高感度撮影が可能となることから、これまで複数画像の合成で実現していた手ブレ補正を露光時間短縮で実現するなど、カメラとしての動作を高速化している。また、スウェーデンのスカラド社が開発したSpeedTags技術をJPEG圧縮回路に取り込んでいるため、携帯電話でのメガピクセル級の大容量画像ファイルの管理も容易だ。さらに、従来製品に比べて消費電力を25%削減しているという。 

 NECエレクトロニクスは、画像チューニングなどの技術サポートのノウハウをもつパートナーと協力関係を構築しており、LSIだけでなくソフトウェアやシステムインテグレーションを含めた携帯電話のカメラソリューションを提供していく考えだ。「CE151」のサンプル価格は、4,000円/個(技術サポート費を除く)、量産規模としては、2010年4月から月産100万個を計画しているとのこと。今後NECエレクトロニクスは、CEシリーズのラインナップをさらに強化し、500万画素から1300万画素までのハイエンド携帯電話向けカメラ用LSIの市場において、トップとなる50%のシェアを狙っていく考えだ。

 なお、2月15〜18日にスペインのバルセロナで開催されるモバイル機器関連の展示会「Mobile World Congress 2010」において、「CE151」をNECブース内に出展しデモンストレーションを実施する予定。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top