NEC、世界最小クラスの一体型LTE無線基地局をWMC2010にて公開 | RBB TODAY

NEC、世界最小クラスの一体型LTE無線基地局をWMC2010にて公開

ブロードバンド その他

LTE無線基地局製品の性能要件
  • LTE無線基地局製品の性能要件
  • 「Mobile World Congress」サイト(画像)
 NECは10日、「Mobile World Congress 2010」において、3GPPに準拠した、世界最小クラスの一体型LTE無線基地局を展示することを発表した。

 「Mobile World Congress 2010」(MWC2010)は、2月15日から18日までスペイン・バルセロナで開催される、世界100カ国以上の移動体通信事業者および関連企業が一堂に会する、世界最大のモバイル関連展示会。GSM Associationが主催する。NECはブース展示のほかに、カンファレンスに2名の登壇を予定している。

 このLTE無線基地局は、トライアルから小規模の商用サービスまで、LTEの導入を検討している通信事業者のスモールスタートに適した小容量タイプの基地局とのこと。制御機能を有するREC(Radio Equipment Controller)と送信アンプ機能を有するRE(Radio Equipment)を一体化することにより、世界最小クラスの「幅420mm/高さ230mm/奥行き130mm/重量約12キロ」のコンパクトサイズを実現した。ファンレス構造の採用や世界最高レベルのアンプ(増幅器)効率を実現する送信アンプを搭載するなど、従来比75%減の低消費電力化も実現している。さらに、SON(Self Organizing Network)に対応することにより、基地局を効率的に構築・運用することが可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top