NEC、マイクロソフトのオンラインサービス「BPOS」の小規模企業・SOHO向け販売を支援 | RBB TODAY

NEC、マイクロソフトのオンラインサービス「BPOS」の小規模企業・SOHO向け販売を支援

エンタープライズ その他

NECのBPOS紹介・申し込み専用サイト(画像)
  • NECのBPOS紹介・申し込み専用サイト(画像)
 NECは25日、マイクロソフトの企業向けオンラインサービス「Business Productivity Online Suite」(BPOS)の小規模企業・SOHO向けの販売で、マイクロソフトと協業することを発表した。

 BPOSは、PCにOfficeがインストールされていれば、サーバを用意することなくさまざまなサービスを利用することが可能なサービス。マイクロソフトの企業向けオンラインサービスである「Microsoft Online Services」のうち、(1)グループウェアサービス「Exchange Online」、(2)社内情報共有サービス「SharePoint Online」、(3)インスタントメッセージや在籍情報などのサービス「Office Communications Online」、(4)Web会議サービス「Office Live Meeting」の4つのサービスをセットにしたもの(月額1,044円/1ユーザー)。BPOSでは、PCにインストールされているOfficeの機能を拡張し、Outlookのメールやスケジュール、ファイルデータなどの情報共有、テレビ会議などの機能をネットワーク経由で提供する。BPOS導入の支援体制やサービスを整備し、「Mateシリーズ」「VersaProシリーズ」とBPOSを組み合わせた提案を本格化するとのこと。

 NECは、マイクロソフト社と協力して、小企業・SOHOの顧客を対象に、BPOSを活用した企業向けPC(Officeプリインストールモデル)の拡販および導入支援を行う「NEC BPOSサポート網」を構築する。「NEC BPOSサポート網」は全国のNEC販売店を中核に構築され、NECの企業向けPCのWebサイトおよびPCショッピングサイト「NEC得選街」において、BPOSと連携した企業向けPCの活用方法などの情報を提供する。また、BPOSの導入支援等を提供する有償サービスも準備される。またBPOS申し込み専用サイトも開設する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top