NEC、行動パターン分析でCO2/消費電力削減を行う「エネパルPC」発売 | RBB TODAY

NEC、行動パターン分析でCO2/消費電力削減を行う「エネパルPC」発売

 NECおよびNECフィールディングは2日、オフィスのパソコンの省エネ化を促進する省エネオフィスサービス「エネパルPC」の販売活動を開始した。

エンタープライズ その他
パソコン利用者向け画面イメージ
  • パソコン利用者向け画面イメージ
  • 環境管理者向け画面イメージ
 NECおよびNECフィールディングは2日、オフィスのパソコンの省エネ化を促進する省エネオフィスサービス「エネパルPC」の販売活動を開始した。

 省エネオフィスサービス「エネパルPC」は、オフィス内のパソコン1台ごとの消費電力、CO2排出量、電力料金などを“見える化”し、複数のPCの利用状況を一元的に管理するSaaS/ASP型サービス。CO2削減目標を設定するだけで、利用者ごとの行動パターンに応じて、パソコンの消費電力を自動的にコントロールすることが可能。部や課などの単位でCO2/消費電力削減の目標設定と進捗管理も可能。NECのデータセンターを活用したSaaS型で提供される。

 具体的には、パソコンの構成部品(CPU、メモリなど)の使用率、およびキーやマウスなどの入力状況など利用者の日々の行動パターンをデータベース化。利用者の過去の行動パターンから将来予測を行い、利用者の特性に合わせた節電モードの切り替えを自動的に設定していく。システム管理者側で全社CO2削減目標値を設定すると、各パソコンが割り当てられた目標値を認識し、業務に支障をきたすことなく、自動的に消費電力のコントロールを行う。設定された目標が達成できそうにない場合は、注意を促すメッセージを発信する。

 販売価格は、1000台ライセンスの場合、96万円(税別)。出荷は12月1日から開始となる。NECおよびNECフィールディングは、当サービスについて今後3年間でオフィスのパソコン200万台への提供を目指すとしており、これは累計でCO2削減量4万1千トンに相当し、3年目のCO2削減量は、杉の木約210万本分になるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top