富士通、「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」新モデルを発売 | RBB TODAY

富士通、「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」新モデルを発売

エンタープライズ その他

ETERNUS DX60
  • ETERNUS DX60
  • ETERNUS DX80
  • 製品仕様一覧
  • ディスクアレイラインナップ
 富士通は8日、エントリーシステム向けのストレージシステム「ETERNUS(エターナス)DX60」「ETERNUS DX80」において、あらたなインターフェイスとディスクをサポートしたモデルを全世界で販売開始した。

 「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」は低価格ながら高い拡張性と信頼性、処理能力を備えたエントリーディスクアレイ。特に、拡張性に優れ、安価で簡単にネットワークシステムを構築でき、中小規模のシステムに適している。また、機密情報への不正アクセスを防ぐデータ暗号化機能や、アクセスしていないディスクの回転を停止するエコモード機能などを備えている。

 「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」では、サーバへの接続インターフェイスに、従来のファイバーチャンネル(FC)に加え、iSCSI(最大1Gbps)とSAS(最大3Gbps)をサポートする。iSCSI、SASはFCに比べ、安価にシステム構築が可能で、ユーザーは各種サーバやシステムにあわせ最適なインターフェイスが選択できる。

 また「ETERNUS DX80」では、ストレージメディアとして、従来の高性能なSASディスクドライブと大容量低価格なニアラインSASディスクドライブに加え、SSDをサポートする。SSDはハードディスクドライブと比べ、約51%の省電力化と約14倍の高速化を実現する。「ETERNUS DX80」は最大120本のディスクを搭載可能で、またこれら3種のメディアは同一筐体内に混在搭載できるため、用途に合わせ柔軟に拡張することが可能とのこと。

 価格は「ETERNUS DX60」は76万4,000円〜(税別)、「ETERNUS DX80」は242万3,000円〜(税別)。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top