国内外付型ストレージ市場、前年マイナスながらNASとiSCSIが高成長……IDC調べ | RBB TODAY

国内外付型ストレージ市場、前年マイナスながらNASとiSCSIが高成長……IDC調べ

エンタープライズ ハードウェア

国内外付型ディスクストレージシステム売上推移、2005年~2010年
  • 国内外付型ディスクストレージシステム売上推移、2005年~2010年
 IDC Japanは16日、国内外付型ディスクストレージシステム市場の2010年の実績を発表した。これによると、2010年の国内外付型ディスクストレージシステム売上は、全体では前年比1.6%減とマイナス成長だった。

 2009年の国内外付型ディスクストレージシステム売上は、世界的な経済後退を受け、前年比20%以上の落ち込みだったが、2010年の売上は1,687億6,900万円で前年比1.6%減まで回復した。メインフレーム・ディスクストレージシステム売上が前年比13.9%減となった一方、オープンシステム・ディスクストレージシステム売上は同1.8%増となり、前年のマイナス成長からプラス成長に転換している。

 接続環境で見ると、SAN(Storage Area Network)とNAS(Network Attached Storage)を合わせたオープンネットワークストレージ売上は1,075億8,400万円で前年比8.0%増。そのなかでもNASは19.3%増、iSCSIは76.9%増と高成長を達成したという。サーバに直接接続されるDAS(Direct Attached Storage)の売上は前年比17.1%減となり、DASからオープンネットワークストレージへの投資シフトが一段と進んだことが明らかとなった。

 NASが高成長したのは、NASの利用用途がファイル共有の他、バックアップ、アーカイブなどにも広がっていると見られている。サービスプロバイダ市場での導入が活発に行われたことも、2010年のNASの高成長を支えた。iSCSIはサーバ仮想化環境で利用されるネットワークストレージとしての需要が拡大した。2010年の国内外付型ディスクストレージシステムの出荷容量は457PB(ペタバイト)で前年比33.7%増となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top