ウィルコムと富士通BSC、「外来患者呼び出しシステム」を共同開発 | RBB TODAY

ウィルコムと富士通BSC、「外来患者呼び出しシステム」を共同開発

エンタープライズ モバイルBIZ
「外来患者呼び出しシステム」の概要
  • 「外来患者呼び出しシステム」の概要
 ウィルコムと富士通ビー・エス・シーは、ウィルコムのPHSを利用した「外来患者呼び出しシステム」を共同開発し、14日より全国の医療機関向けに販売を開始した。

 「外来患者呼び出しシステム」は、医療機関などの外来受付で患者にPHSをレンタルし、診察順がくれば呼び出す仕組みを提供することで受付の混雑を緩和し、患者の満足度向上を図るためのソリューションとなる。患者が待合室で時間を過ごす必要がなくなるため、医療機関における待合室の省スペース化が可能となる見込みだ。また、外来患者側も自由に待ち時間を過ごせるため、心理的負担が軽減される。

 ウィルコムのPHSは、電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないというPHSの特長を有し、全国4,000以上の医療・福祉機関での通信手段として広く活用されている。このシステムでも呼び出しにウィルコムのPHSを採用、病院の内外を問わず運用を可能とした。

 ノートパソコンと外付けバーコードリーダーで運用するため、従来の専用機器設置タイプと比べて、少ない投資で導入が可能で、オペレーションも容易となっている。富士通ビー・エス・シーは本システムにおいて、ソフトウェア製品の開発やシステム環境などの構築を担当。同社は携帯電話、PHS端末向け「呼出し連携機能」の取組みで培った技術を活かし、携帯電話向け「待合せユーザー呼出システム(仮称)」を開発したとのこと。今回、ウィルコムのPHSの機能に対応し、外来患者呼び出しシステムを開発・提供した。

 価格(予定、税抜)は初期費用が5,800,000円(受付4か所、サーバ・クライアントPC費用含む)。月額通信料780円/台(貸し出すPHS台数による)、年間保守費用240,000円(平日9:00〜17:00の場合)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top