マイクロソフト、「Windows Embedded CE」の最新版を公開 〜 SilverlightやWindows 7連携を強化 | RBB TODAY

マイクロソフト、「Windows Embedded CE」の最新版を公開 〜 SilverlightやWindows 7連携を強化

 米マイクロソフトは現地時間22日、開催中の「ESC(Embedded System Conference)Boston」において、Windows Embedded CE 6.0 R3を開発完了しリリースしたことを発表した。

エンタープライズ その他
 米マイクロソフトは現地時間22日、開催中の「ESC(Embedded System Conference)Boston」において、Windows Embedded CE 6.0 R3を開発完了しリリースしたことを発表した。

 Windows Embedded CE 6.0 R3は、コンポーネント化されたリアルタイムのWindows Embedded CEオペレーティング システムの次世代プラットフォームとなる製品。Windows Embeddedのユーザー インターフェイス フレームワークとして、Microsoft Silverlightによるリッチなアプリケーション エクスペリエンスを実現したのが特徴。OEMメーカーは、コンシューマーおよびエンタープライズ向け組み込み機器の開発において、直感的なユーザー エクスペリエンス、動的なインターフェイス、Windows 7搭載PCやサーバ、オンラインサービスとのシームレスな連携が可能となる見込みだ。デザイナーは、Silverlight、Microsoft Expression Blend、組み込み向けInternet Explorerのノウハウを活用し、パン&ズーム、タッチ、ジェスチャー入力などに対応する。またMicrosoft OfficeおよびPDFのビューアーがデバイスおよびPC向けに提供される。

 なおESC Bostonにおいて、マイクロソフトおよび、マイクロソフト認定ゴールド パートナーで、ユーザー インターフェイス設計/ツール開発企業であるInfragisticsは、Windows Embeddedゴールドパートナーで、システム インテグレーターであるAdeneoとともに、Windows Embedded CE 6.0 R3ベースのコンシューマー向けインターネット接続機器によるユーザー エクスペリエンスのデモを行ったとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top