携帯契約数、ふたたびソフトバンクが純増数1位に【TCAまとめ】 | RBB TODAY

携帯契約数、ふたたびソフトバンクが純増数1位に【TCAまとめ】

エンタープライズ モバイルBIZ

 電気通信事業者協会(TCA)は7日に、2009年8月末現在における携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。

 それによれば携帯電話の合計契約数は1億926万9,300件(対前月比増減率0.3%)。事業者別では、NTTドコモが純増112,900で累計55,120,500件。auグループが純増77,800で累計31,130,400件。ソフトバンクが115,100件で累計21,208,900件。イー・モバイルが純増61,100件で累計1,809,500件。ウィルコムが純減40,500で累計4,477,100件となった。

 携帯電話各社は、いずれも前月に比べて純増数を伸ばした。前月は、ソフトバンクがほぼ2年以上独占していた純増数の首位を、ドコモが奪ったが、今月になってふたたびソフトバンクがトップに返り咲いた。要素としてはやはりiPhone 3GSの好調が影響したと推測される。しかし2,200件差でのトップ争いのため、今後の新機種発表、秋のWindows Phone登場などの要素により、まだまだ状況は流動的だと言えそうだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top