ネズミから最後の、ウシから最初のお願い「おめでとうコール・メール」は控えめに | RBB TODAY

ネズミから最後の、ウシから最初のお願い「おめでとうコール・メール」は控えめに

 社団法人 電気通信事業者協会(TCA)、および携帯電話・PHS事業者各社は26日、大晦日から元日の約2時間について「おめでとうコール・メール」をなるべく控えるように呼びかける声明を発表した。

ブロードバンド その他
「おめでとうコール・メール」は控えめに、ネズミとウシからお願い
  • 「おめでとうコール・メール」は控えめに、ネズミとウシからお願い
 社団法人 電気通信事業者協会(TCA)、およびNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの携帯電話・PHS事業者各社は26日、大晦日から元日の約2時間について「おめでとうコール・メール」をなるべく控えるように呼びかける声明を発表した。

 大晦日から元日の午前0時前後〜0時30分頃をピークとした約2時間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、毎年ケータイがつながりにくくなる状態が起きており、今年も同種の障害が予想されている。各事業者はやむをえず利用を一時的に制限する場合も発生していた。今回の声明は、この状態を受けてのもので、各社のホームページ等でユーザに案内しているほか、電気通信事業者協会(TCA)のホームページ内にも周知用のページが設置されており、“ネズミから最後の、ウシから最初のお願い”として、それぞれの干支のキャラクターが「おめでとうコール・メール」を控えめにするよう呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top