「捨てればゴミ、活かせば資源」——ビックカメラが使用済み携帯電話を回収 | RBB TODAY

「捨てればゴミ、活かせば資源」——ビックカメラが使用済み携帯電話を回収

 ビックカメラは、使用済み携帯電話・PHS端末の回収・リサイクルを12日より実施すると発表した。エコ・ファーストの約束の一環として、希少金属の回収と不正使用の防止のために、全国27店舗(8月11日現在)にて実施するという。

エンタープライズ モバイルBIZ
捨てればゴミ、活かせば資源
  • 捨てればゴミ、活かせば資源
 ビックカメラは、使用済み携帯電話・PHS端末の回収・リサイクルを12日より実施すると発表した。エコ・ファーストの約束の一環として、希少金属の回収と不正使用の防止のために、全国27店舗(8月11日現在)にて実施するという。

 実施に当たっては業界で初めて、社団法人電気通信事業者協会(TCA)および情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が構築した「モバイル・リサイクル・ネットワーク」に参加し、携帯電話・PHS事業者と連携し、情報セキュリティに十分配慮して回収、資源回収、再利用を行うという。

 今回の取り組みには、これまでTCAとCIAJが「モバイル・リサイクル・ネットワーク」により使用済み携帯電話・PHSの本体・電池・充電器を自主的に回収してきたが、平成12年度の13,615千台をピークに減少傾向が続いており、平成19年度には6,443千台まで落ち込んでいるという背景がある。

 携帯電話・PHSにはパラジウム、金、銀、銅、ニッケル、タンタルなどの希少金属を含む金属資源が含まれているほか、放置した端末からの個人情報漏えいのリスクもあることから、回収が強く求められている。

 ビックカメラでは、回収・リサイクルの必要性をわかりやすく説明するとともに、個人情報を確実に消去するため端末破砕処理のサポートを行い、回収後の端末等は信頼できるリサイクル事業者により資源の回収および再利用を行うとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top