HondaとゼンリンデータコムとインクリメントP、「災害時移動支援情報共有システム」を共同で構築 | RBB TODAY

HondaとゼンリンデータコムとインクリメントP、「災害時移動支援情報共有システム」を共同で構築

エンタープライズ その他

「災害時移動支援情報共有システム」概要
  • 「災害時移動支援情報共有システム」概要
  • 通行可能なルートは緑色で表示される
  • 各サイトに投稿した情報や写真が、集約して表示される
 ゼンリンデータコムは27日、本田技研工業、インクリメントPと共同で、大規模地震発生時に道路での移動を支援する新サービス「災害時移動支援情報共有システム」を構築すると発表した。9月1日から「いつもNAVI災害マップ」をはじめとした各社Webサイトと、Hondaのインターナビ車載機にて運用を開始する。

 「災害時移動支援情報共有システム」は、災害時の救援や避難を目的とした道路での移動を情報面から支援するシステム。従来、災害発生時の道路通行止めなどの情報は、道路管理者や自治体ごとに文字情報で提供されることが多いために、一元的に情報を入手することが困難だったが、このシステムでは、災害発生後の実際の通行実績情報、航空写真による道路被災情報、ネットユーザーからの現地情報を、一元的に集約・閲覧可能にする。ものとなっている。このシステムは、日本気象協会より提供される震度5弱以上の地震発生を基に自動的に起動。各情報をリアルタイムに集約し、各社がインターネット上で提供するサイトの地図上に表示・公開する。

 集約される情報は、フローティングカーデータによる通行実績情報(Hondaインターナビシステムを搭載したHonda車およびパイオニアのスマートループ対応ナビゲーションシステム搭載車から提供)、「インターナビ・プレミアムクラブ」「MapFan Web」「いつもNAVI」への投稿情報、パスコが提供する被災地の航空写真など。これらの情報は、インターネットを利用できるなら誰でも閲覧可能で、被災地での移動にあたり、道路状況の把握に活用できるという。3社は今後、このしくみに賛同するコンテンツ提供者を増やし、より役立つシステムに発展させることを目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top