日本HP、無停止サーバのエントリーモデル「HP Integrity NonStop NS2000サーバ」を発表 | RBB TODAY

日本HP、無停止サーバのエントリーモデル「HP Integrity NonStop NS2000サーバ」を発表

エンタープライズ ハードウェア
HP Integrity NonStop NS2000サーバ
  • HP Integrity NonStop NS2000サーバ
 日本ヒューレット・パッカードは26日、無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStopサーバ」のエントリーモデル「HP Integrity NonStop NS2000サーバ」を発表した。

 「HP Integrity NonStopサーバ」は、既存のメインフレームの置き換え、受発注、決済、データ管理などのビジネスの基幹を担うシステム、またサービス統合バス(サービス提供の根幹を担うシステム)などの用途を想定した無停止サーバ。NS2000は、「HP Integrity NonStopサーバ」の無停止・高信頼性という特性をそのままに、低価格化を実現したエントリーモデルとなる。構成をシンプルにし、拡張性に制限を持たせることで、NonStopサーバの従来モデルに比べて同等構成で半額以下の低価格を実現した。また、よりハイエンドなNonStopシステムの開発機用途や、DR(ディザスター・リカバリー)システムのバックアップ機用などの用途にも適しているとのこと。

 CPUはインテルItanium プロセッサー9120N2〜4プロセッサー/ノード、メモリは8GB, 16GB/プロセッサー(最大256GB/ノード)、I/OアダプターはSerial Attached SCSI(SAS)、Fiber Channel、Gigabit Ethernet、内蔵ストレージ装置は73GB、146GB、300GB SASディスクドライブ、最大60TB(300GB x 200本)を搭載する。対応OSはNonStop OS J-seriesとなる。最小構成価格は税込21,681,660円〜で、出荷開始は3月30日予定。

 なおHPでは今回の新製品「NS2000」の発表に合わせ、「はじめてのNonStop」キャンペーンと「NonStopをDRでさらに安心」キャンペーンを実施する。「はじめてのNonStop」キャンペーンでは「NS2000」の基本的なコンポーネントに、データベース、トランザクションモニタ、監視ツールなどライセンスをパッケージ化したシステムとして、19,425,000円で提供する(先着10台限定)。「NonStopをDRでさらに安心」キャンペーンではDR(ディザスター・リカバリー:災害対策)システム構築を目的として「HP Integrity NonStopサーバ」を新規購入する場合に、必要なソフトウェア製品(データベース同期ソフトウェア「RDF/IMPX」、ファイル同期ソフトウェア「AutoSYNC」、マルチノード接続ソフトウェア「Expand」)を90%引きで提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top