ソニー、大迫力の高音質再生を可能にした5.1chホームシアターシステム | RBB TODAY

ソニー、大迫力の高音質再生を可能にした5.1chホームシアターシステム

IT・デジタル その他

HT-SF360
  • HT-SF360
  • HT-SF360のアンプとBlu-rayディスクプレーヤー「BDP-S360」
 ソニーは、5.1chホームシアターシステム「HT-SF360」を9月19日から発売。価格はオープンで、予想実売価格は100,000円前後。

 同製品は、独自のDSPアルゴリズムを採用することによりBlu-rayディスクの高品質なサウンドを忠実に再現。総合出力は980Wとなり、大迫力のサラウンド再生が可能となっている。また、原音に沿った音声再生を実現したフルデジタルアンプ「S-Master」の搭載により、音の歪みや音質劣化、変換時に生じるノイズを最小に抑えることができるという。付属の測定用マイクを用いてリスニングポジションに設置することで、部屋の音響特性を高精度かつ高速に自動で測定・補正可能な技術「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」を搭載。バランスの取れたホームシアターの構築が簡単に行なえる。

 本体のアンプ部分は、9月5日発売のBlu-rayディスクプレーヤー「BDP-S360」とデザインをそろえ、組み合わせて利用した場合の調和を図った。同社の液晶TV「ブラビア」との連動機能「ブラビアリンク」へ対応するほか、デジタルメディアポート端子を装備。オプションのデジタルメディアポート(DMPORT)アダプターに接続することにより、対応する「ウォークマン」に保存した音楽データを再生可能となっている。

 アンプ部分のインターフェースはHDMI×3/デジタル音声/アナログ音声/DMPORT/スピーカー出力。アンプの本体サイズは幅430×高さ66.5×奥行き333mm、重さは約3.4kg。フロントスピーカーの本体サイズは幅315×高さ1,015〜1,345×奥行き315mm(スタンド含む)、重さは約3.3kg(スタンド含む)。センタースピーカーの本体サイズは幅380×高さ50×奥行き64mm、重さは約0.38kg。サラウンドスピーカーの本体サイズは幅290×高さ1,045〜1,235×奥行き290mm(スタンド含む)、重さは約2.6kg(スタンド含む)。サブウーファーの本体サイズは幅220×高さ395×奥行き325mm、重さは約5.6kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top