ソニー、「スカパー!HD」のハイビジョン録画に対応したBlu-rayディスクレコーダー5モデル | RBB TODAY

ソニー、「スカパー!HD」のハイビジョン録画に対応したBlu-rayディスクレコーダー5モデル

IT・デジタル レコーダー

BDZ-EX200
  • BDZ-EX200
  • BDZ-RX100
  • BDZ-RX50
  • BDZ-RX30
  • BDZ-RS10
 ソニーは26日、業界で初めて「スカパー!HD」のハイビジョン録画に対応した機種を含むBlu-rayディスクレコーダー5モデルを発表。9月12日から順次発売する。予想実売価格は100,000円〜280,000円前後。

 今回発表されたのは「BDZ-EX200」(デジタルハイビジョンチューナー×2、内蔵HDDが2TB)、「BDZ-RX100」(デジタルハイビジョンチューナー×2、内蔵HDDが1TB)、「BDZ-RX50」(デジタルハイビジョンチューナー×2、内蔵HDDが500GB)、「BDZ-RX30」(デジタルハイビジョンチューナー×2、内蔵HDDが320GB)、「BDZ-RS10」(デジタルハイビジョンチューナー×1、内蔵HDDが320GB)。発売はBDZ-EX200が11月上旬、BDZ-RX100/ BDZ-RX50が9月19日、BDZ-RX30/ BDZ-RS10が9月12日。予想実売価格はBDZ-EX200が280,000円前後、BDZ-RX100が180,000円前後、BDZ-RX50が150,000円前後、BDZ-RX30が120,000円前後、BDZ-RS10が100,000円前後となる。

 全機種共通の仕様として「らくらくスタートメニュー」を搭載。リモコン上からメニューボタンを押すだけで、「タイトルを再生する」「番組を録画予約する」「ダビングする」などの基本操作を、ガイドに従って簡単に行なえる。また、VHSビデオデッキや8ミリビデオカメラなどからHDDへのダビングを、画面上で分かりやすくガイドする機能も装備。

 新開発の「インテリジェントエンコーダー」を搭載することで、フルHDでの長時間8倍録画を実現。映像に合わせて録画時のデータ量を動的に制御する「新ダイナミックVBR(Variable Bit Rate)」機能により、動きの多いシーンを自動判別し、データ量を多く割り当てるという。加えて、ハイビジョン映像をより引き立たせる高画質回路「CREAS 2」を搭載。液晶TV(明るい部屋)/液晶TV(暗い部屋)/有機ELTV/プロジェクター/プラズマTVの5種類のプリセットモードを設定できるほか、より黒を際立たせる「クリアブラック機能」を装備している。

 そのほか、Blu-rayディスクにダビングする際に、オリジナルのメニューを簡単に作成可能な「思い出ディスクダビング」、「気になる検索」や「連続ドラマ一括ダビング」、「リモート録画予約機能」などさまざまな検索・録画機能を搭載した。

 BDZ-EX200/ BDZ-RX100/ BDZ-RX50の上位3モデルは、業界で初めて「スカパー!HD」のハイビジョン録画「スカパー!HD録画」に対応。「スカパー!HD録画」対応チューナーの番組表から予約すれば、LANケーブルで接続したBlu-rayディスクレコーダーに予約が反映され、HDDに録画することが可能。録画した番組はBlu-rayディスクへのダビングができる。さらにHDDのデータを「ウォークマン」、「プレイステーション・ポータブル」などへ高速転送可能な「おでかけ転送」に対応。録画モード「QVGA384k」で記録した1時間番組の場合、約2分で転送が完了するという。BDZ-RX100/ BDZ-RX50では、本体前面の「番組おでかけボタン」を押すだけで転送を開始。この転送機能は今後発売予定のauとNTTドコモの携帯電話、同社のポータブルナビゲーションシステム「nav-u (ナブ・ユー)」のモデルとも連動する予定だ。

 最上位モデルのBDZ-EX200は、今回のモデルの中で最も高画質・高音質を追求。高画質回路「CREAS 2」をさらに進化させた「CREAS 2 plus(クリアス ツー プラス)」を搭載し、5種類のプリセットモード設定、クリアブラック機能に加え、グラデーションをなめらかに表現する「スムージング機能」、アニメ映像で発生する輪郭周辺のノイズを除去する「アニメ・CGリマスター機能」、データ圧縮時に失われた色信号の解析範囲を従来より広げ、精度の高い色補間を実現する「クロマアップサンプリング」機能を備えた。

 HDMI端子を2系統搭載。これにより、コンテンツに応じてTV視聴とシアターシステムでの視聴を1つのボタンで切り替え可能。また映像と音声を分離して、それぞれのHDMI端子から出力する「HDMI AV独立ピュア出力」を新たに搭載。映像信号、音声信号それぞれに専用クロック回路を設けることで、映像と音声がより高い品質で出力できるように自動で設定を調整する。

 おもな仕様は以下のとおり。

●BDZ-EX200
・HDD:2TB
・映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC (HDD/ Blu-rayディスク)
・インターフェース:HDMI×2/D1/D2/D3/D4/コンポジット/S映像/光デジタル音声/USBなど
・本体サイズ:幅430×高さ95×奥行き334mm
・重さ:約7.9kg

●BDZ-RX100
・HDD:1TB
・映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC (HDD/ Blu-rayディスク)
・インターフェース:HDMI/D1/D2/D3/D4/コンポジット/S映像/光デジタル音声/USB×2/メモリカードスロットなど
・本体サイズ:幅430×高さ69.8×奥行き327mm
・重さ:約4.6kg

●BDZ-RX50
・HDD:500GB
・映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC (HDD/ Blu-rayディスク)
・インターフェース:HDMI/D1/D2/D3/D4/コンポジット/S映像/光デジタル音声/USBなど
・本体サイズ:幅430×高さ69.8×奥行き327mm
・重さ:約4.5kg

●BDZ-RX30
・HDD:320GB
・映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC (HDD/ Blu-rayディスク)
・インターフェース:HDMI/D1/D2/D3/D4/コンポジット/S映像/光デジタル音声/USBなど
・本体サイズ:幅430×高さ69.8×奥行き327mm
・重さ:約4.3kg

●BDZ-RS10
・HDD:320GB
・映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC (HDD/ Blu-rayディスク)
・インターフェース:HDMI/D1/D2/D3/D4/コンポジット/S映像/光デジタル音声/USBなど
・本体サイズ:幅430×高さ69.8×奥行き327mm
・重さ:約4.3kg
《小口》

関連ニュース

特集

page top