富士通とセールスフォース・ドットコム、CRM分野のSaaS事業で販売契約を締結 | RBB TODAY

富士通とセールスフォース・ドットコム、CRM分野のSaaS事業で販売契約を締結

 富士通とセールスフォース・ドットコムは18日、セールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーション「Salesforce CRM」およびCRMアプリケーション開発基盤「Force.com」について販売契約を締結したことを発表した。

エンタープライズ その他
 富士通とセールスフォース・ドットコムは18日、セールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーション「Salesforce CRM」およびCRMアプリケーション開発基盤「Force.com」について販売契約を締結したことを発表した。同日より富士通は、「Salesforce CRM」「Force.com」の提供を開始する。

 製造、流通、金融、公共分野を対象に、コンサルティングから、企画、開発、運用、保守サポートまでライフサイクル全般にわたり、顧客のニーズに合わせたソリューションを提供する。また両社は、2009年5月より「共同ワークショップ(仮称)」を定期的に開催し、マーケティング活動や、新商品の開発、「Salesforce CRM」のサービス拡充、人材育成などに共同で取り組んでいくとのこと。

 富士通は、自治体、医療などの業種特化分野や、セキュリティ、グループウェアなどの共通業務分野においてSaaSを提供してきており、今回セールスフォース・ドットコムとの販売提携を行い、「Salesforce CRM」をSFA(Sales Force Automation)分野におけるSaaSの主力サービスとして位置付け、同分野においてサービスの拡充を図っていく。具体的には、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」がもつ営業支援やコンタクトセンター機能と、販売管理や生産管理などの顧客の既存システムとを連携させた、見積作成や承認ワークフロー、在庫照会などのアプリケーションを開発する。2009年度には「Salesforce CRM認定コンサルタント」を20名、「Salesforce CRM認定セールス」を100名にそれぞれ増強していく計画としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top