AppleからもインテルXeon5500番台搭載サーバが登場 〜 Xserveがアップデート、性能2倍に | RBB TODAY

AppleからもインテルXeon5500番台搭載サーバが登場 〜 Xserveがアップデート、性能2倍に

エンタープライズ モバイルBIZ

アップルの新サーバ「Xserve」(内部)
  • アップルの新サーバ「Xserve」(内部)
  • 「Xserve」(ストレージを取り出した状態)
  • 「Xserve」(前面)
 アップルは7日、Intelのサーバ用“Nehalem”Xeonプロセッサと次世代のシステムアーキテクチャを使用し性能を従来システムの最大2倍に高めた「Xserve(エックスサーブ)」を発表した。

 新しいXserveは、標準で1基の2.26 GHzクアッドコアXeon 5500“Nehalem-EP”(サーバ用Nehalem)プロセッサ、最大で2基の2.93GHzのIntel Xeonプロセッサが搭載可能。低電力ソリッドステートドライブ(SSD)と最大3TBの内部ストレージを含む、ストレージオプションで提供され、1Uラックに最適化、消費電力当りの性能を最大89%も高めた。Mac OS X Serverバージョン10.5 Leopardの無制限クライアントライセンスが付属する。Leopard ServerにはPodcast Producer、Wiki Server、そしてiCal Serverが含まれる。

各プロセッサには、最大で2.4倍のメモリ帯域幅とメモリの遅延時間を最大40%カットする1066 MHz DDR3 ECCメモリを3チャンネル装備する統合型メモリコントローラが搭載。アイドル時の電力消費を19%削減した。ストレージとして、128GBのSSDブートオプションを用意。Xserveの3基の3.5インチドライブベイは7200 rpm SATAと15,000 rpm SASの両方のドライブをサポートし、最大3TBの内部ストレージを構成することが可能。新しいXserveは、アップルのオンラインストアであるApple Storeおよびアップル製品取扱販売店を通して、順次販売される。

 Xserveの標準構成は、1基の2.26 GHzクアッドコアXeon 5500シリーズプロセッサ、8MBの完全共有三次キャッシュ、3GBの1066 MHz DDR3 ECC RAM、1基の160GB 7200 rpm SATA Apple Drive Module、2基のオンボードGigabit Ethernet、2基のPCI Express 2.0 x16拡張スロット、Bonjour対応Lights-Out Managementプロセッサおよびサーバモニタソフトウェア、Mini DisplayPort出力搭載の内蔵グラフィックカード、2基のFireWire800および3基のUSB 2.0ポート、Mac OS X Serverバージョン10.5 Leopardへの無制限クライアントライセンスとなっており、希望小売価格は338,800円。

 そのほかオプションとしては、CPUアップグレード(2基の2.26 GHz、2.66 GHzまたは2.93 GHz Intel Xeonプロセッサ)、ストレージアップグレード(160GBおよび1TB 7200 rpm SATA Apple Drive Module、450GB 15,000 rpm SASドライブ〈サードパーティーオプション〉)、内蔵Xserve RAIDカード、Gigabit Ethernet、4Gbファイバーチャンネルカード、750W冗長化電源などが選択可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top