富士通とマイクロソフト、エンタープライズ市場におけるソリューションビジネスで協業 | RBB TODAY

富士通とマイクロソフト、エンタープライズ市場におけるソリューションビジネスで協業

 富士通とマイクロソフトは26日、エンタープライズ市場におけるWindows Serverプラットフォームの拡大にともない、日本市場でのソリューションビジネスで協業することを発表した。4月1日より協業を開始する。

エンタープライズ その他
 富士通とマイクロソフトは26日、エンタープライズ市場におけるWindows Serverプラットフォームの拡大にともない、日本市場でのソリューションビジネスで協業することを発表した。4月1日より協業を開始する。

 具体的には、両社は、富士通のPCサーバ「PRIMERGY」を始めとするハードウェア、システム構築技術、運用サポートノウハウと、マイクロソフトの「Exchange Server」「Office SharePoint Server」「SQL Server」などのソフトウェアを組み合わせたソリューションを開発する。さらに、商談開拓からシステム構築、運用サポートの各フェーズにおいてジョイントチームを立ち上げ、セールス、エンジニア、サポートの各体制で協業を確立し、両社一体となって早期のビジネス拡大を目指す。両社は、これまでもWindows Serverプラットフォームにおいて、ハードウェアやOSを中心とした分野でのグローバルなマーケティング活動を始め、広範囲にわたり協業してきた。

 さらに富士通では、グループ会社含め3年間で2,000名のマイクロソフト認定エンジニアを育成し、Windows Serverプラットフォームでのマイクロソフト製品を含めたソリューションビジネスを強化していくという。2008年12月にはマーケティングとアライアンス推進を行う専任組織である「MSソリューション推進室」とマイクロソフト製品の技術支援を行う「MSミドル技術センター」を設置してビジネス企画・支援体制を整えている。一方マイクロソフトでは、「富士通ビジネス本部」を2008年7月より設置し、ソリューションビジネスにおける商談支援の強化を図っている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top