富士通ビジネスシステムとマイクロソフト、BI分野での協業を強化 〜 22種類のBIテンプレートを共同開発 | RBB TODAY

富士通ビジネスシステムとマイクロソフト、BI分野での協業を強化 〜 22種類のBIテンプレートを共同開発

エンタープライズ その他
イメージ図
  • イメージ図
 富士通ビジネスシステム(FJB)とマイクロソフトは9日、ビジネスインテリジェンス(BI)分野での協業を強化し、Microsoft SQL Server 2008を核としたBIソリューションの共同提案活動を開始すると発表した。

 第一弾として、「経営の見える化」「現場の見える化」を実現するため、SQL Server 2008 Reporting Servicesを中心とした「BIテンプレート」を協力して開発、特に需要が高い「販売管理用」「在庫管理用」「会計管理用」を用途とした計22種類のBIテンプレートはすでに開発完了しており、さらに今後順次テンプレートのラインナップを増強していくという。SQL Server 2008の「Reporting Services」と「Integration Services」の機能を活用し、BIテンプレートとSQL Serverを一体化してBIソリューションとして提供。機能や目的に合わせてソフトを追加する必要がなく、導入コストの削減と構築期間の短縮を実現したとのこと。また、FJBは、既存システムのデータ調査からデータの取り込みの設計、構築、運用設計、導入後のレポートカスタマイズや新規作成に向けた教育まで、BIに関するあらゆるサービスを網羅するBIソリューションを提供するとのこと。

 3年間の販売目標を60社として、それらを活用したソリューション構築、拡販、およびプロモーションを共同で実施する。BIソリューションを紹介するセミナーの共同開催、「SQL Server 2008 Reporting Services体験サイト」の開設などが予定されている。

 サービス価格(参考価格、税別)は販売管理BIが150万円/5ユーザ、在庫管理BI(販売管理BIのオプションサービス)50万円/5ユーザ、会計管理BI(販売管理BIのオプションサービス)が50万円/5ユーザ。なおOpen BusinessライセンスにおけるSQL Server Standard EditionサーバライセンスとDevice CALの価格となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top