日立、1ノード1.28TFLOPS、最大32プロセッサの科学技術計算向けサーバ「SR16000シリーズ モデルVL1」 | RBB TODAY

日立、1ノード1.28TFLOPS、最大32プロセッサの科学技術計算向けサーバ「SR16000シリーズ モデルVL1」

 日立製作所は19日、流体解析や気象予測など科学技術計算向けのスカラー型スーパーコンピュータ「SR16000 モデルVL1」をSR16000シリーズに追加、9月22日から販売を開始すると発表。

エンタープライズ その他
SR16000 モデルVL1
  • SR16000 モデルVL1
 日立製作所は、19日、流体解析や気象予測など科学技術計算向けのスカラー型スーパーコンピュータ「SR16000 モデルVL1」をSR16000シリーズに追加し、9月22日から販売を開始すると発表した。

 SR16000 モデルVL1は、1ノードあたりの理論ピーク性能が既存モデルの約2倍となる1.28TFLOPSを実現し、1ノードあたりPOWER6プロセッサー(クロック5.0GHz)を最大32個、メモリは1ノードあたり1TBまで搭載可能だ。また、I/O機能が強化されたのもこのモデルの特徴であり、PCI-Xは240スロットまで拡張可能で、最大I/O性能は既存モデルの4倍となる48GB/sとなっている。OSはIBMのAIXだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top