SBモバイルほか4社、「スマートポスター」システムの実証実験を開始〜NFCケータイを活用し情報提供 | RBB TODAY

SBモバイルほか4社、「スマートポスター」システムの実証実験を開始〜NFCケータイを活用し情報提供

 ソフトバンクモバイル、NTTデータ、日立製作所、ジェムアルトの4社は2日、NFC(Near Field Communication=近距離無線通信)技術に対応した携帯電話を用いた「スマートポスター」システムの実証実験を共同で行うことを発表した。

ブロードバンド その他
 ソフトバンクモバイル、NTTデータ、日立製作所、ジェムアルトの4社は2日、NFC(Near Field Communication=近距離無線通信)技術に対応した携帯電話を用いた「スマートポスター」システムの実証実験を共同で行うことを発表した。9月2日〜10月31日の期間、千葉県内の複合型商業施設にて実施するもので、日本では初めてのフィールド実証実験となる。

 「スマートポスター」システムとは、NFC技術に対応したICタグを貼り付けたポスターに、NFCケータイをかざすと、ICタグから情報を読み取り、携帯電話の画面などに表示するシステム。この実証実験では、NTTデータ、ジェムアルトが開発したスマートポスターアプリケーションソフトウェアをNFCケータイに搭載し、千葉県の複合型商業施設に設置されているディズニー最新映画「ウォーリー」「ティンカー・ベル」の「スマートポスター」などにかざすことで、「ウォーリー」「ティンカー・ベル」の静止画、動画など、その映画に関連したデジタルコンテンツなどが閲覧できるようになるという。さらに、同時に入手した情報から、日立製作所が開発したTV向け映像配信サービスにより、ハイビジョンテレビの大画面で「ウォーリー」予告編を楽しむことも可能とのこと。

 NFC技術に対応した「スマートポスター」システムでは、NFCケータイをポスターなどにかざすだけで情報を容易に入手できるため、利便性が高まるだけでなく、安価かつ電源不要なICタグを利用しているため、低コストでの導入が可能と言われている。今回、4社は、共同でスマートポスターの可能性について検討を進め、実証実験を通してNFCケータイを活用した情報提供サービスの有効性を検証するとしている。

 モニター数は、関係者のみの30名程度とのこと。なお、NFCケータイに差し込んだ「NFC-USIM」には、スマートポスターアプリケーションソフトウェア以外に、MasterCard PayPassを搭載しており、店舗での決済にも利用可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top