日立データシステムズ、NASAの気象データシステムにコンテンツアーカイブソリューションを提供 | RBB TODAY

日立データシステムズ、NASAの気象データシステムにコンテンツアーカイブソリューションを提供

 日立製作所の100%子会社の米日立データシステムズは27日、NASAの気象データシステム「OMIDAPS」に、コンテンツアーカイブ向けストレージソリューション「Hitachi Content Archive Platform」を提供したことを発表した。

エンタープライズ その他
 日立製作所の100%子会社の米日立データシステムズは27日、NASAの気象データシステム「OMIDAPS」(Ozone Monitoring Instrument Data Processing System)に、コンテンツアーカイブ向けストレージソリューション「Hitachi Content Archive Platform」を提供したことを発表した。

  米国メリーランド州グリーンベルトにあるOMIDAPSは、地球大気の構成成分に関する科学データを収集管理しており、そのアーカイブデータは、オゾン層や地球の気候変動の研究に用いられている。「Hitachi Content Archive Platform」の採用により、アーカイブされた地球大気に関する科学データが、従来に比べ高速に取り出せるようになったとのこと。

 Hitachi Content Archive Platformは、安全確実なデータ長期保管が可能なコンテンツアーカイブ向けストレージソリューション。アーカイブデータをハードディスクベースで記録するため、高速アクセスが可能で、アーカイブデータ容量について高スケーラビリティを備えている。NASAでは、70テラバイトのデータに対する統合管理とデータ読み出し性能向上が求められており、システムの遅さを感じさせること無しに、アーカイブデータの入出力が可能な「Hitachi Content Archive Platform」を高く評価したという。

 なおこのアーカイブシステムは、地球環境に関係する他の NASA関連のプロジェクトでも活用される予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top