日立、障害物を避け自律移動が可能な次世代物流支援ロボットを開発 | RBB TODAY

日立、障害物を避け自律移動が可能な次世代物流支援ロボットを開発

 日立製作所は8日、障害物を避け自律走行しながら物品を運搬する物流支援ロボットを、日立産機システムと共同開発したことを発表した。

エンタープライズ その他
物流支援ロボット
  • 物流支援ロボット
 日立製作所は8日、障害物を避け自律走行しながら物品を運搬する物流支援ロボットを、日立産機システムと共同開発したことを発表した。

 同ロボットは、日立が開発した人間共生ロボット「EMIEW」「EMIEW 2」に搭載した「自律走行機能」や「障害物回避機能」に加えて、その場回転や真横移動などを可能にする「四輪独立操舵機構」を採用し、開発されている。

 自立移動することで、物流現場や生産現場のレイアウト変更、物量などの変化、歩行者が横切るような作業場にも柔軟に対応できるという。また運搬量が多い場合などに、複数ロボットを 1台の機器のように連動させ物品を搬送する「連携走行機能」により、運搬量の変動にも柔軟に対応できるとのこと。カメラやセンサ機能を追加することで、棚卸作業の自動化などのあらたな応用も可能だという。

 大きさは幅60cm×奥行き60cm×高さ85cm(荷台までの高さ60cm)、重量60kg(電池込み)。20kgまで搬送可能で、移動速度は3.6km/h(1m/s)。

 今後は、物流分野だけでなく、オフィス、病院、駅、空港などで、物品の搬送や人をサポートするロボットの開発を進めていきたいとしている。なお同ロボットは「国際物流総合展2008」(9月9日@東京ビッグサイト)に参考出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top