日立、最大記憶容量4,800TBのLTO Ultrium 4対応大型テープライブラリ装置「L56/3000」 | RBB TODAY

日立、最大記憶容量4,800TBのLTO Ultrium 4対応大型テープライブラリ装置「L56/3000」

 日立製作所は28日、従来機と比較して約4.4倍となる4,800TBの記憶容量を実現した大型テープライブラリ装置「L56/3000」を発表した。価格は1,680万円から。出荷は9月1日より開始される。

エンタープライズ その他
テープライブラリ装置「L56/3000」
  • テープライブラリ装置「L56/3000」
 日立製作所は28日、従来機と比較して約4.4倍となる4,800TBの記憶容量を実現した大型テープライブラリ装置「L56/3000」を発表した。価格は1,680万円から。出荷は9月1日より開始される。

 L56/3000は、LTO Ultrium 4に対応したテープドライブを最大56台、テープカートリッジを最大3,000巻搭載できる中〜大規模システム向けライブラリ装置。電源装置の冗長化やテープの挿抜・搬送を行うロボット機構の二重化により、装置の信頼性と可用性を大幅に強化している。また、さまざまなOS環境に対応しているのも特徴の一つで、SANを介してHP-UX11i、Windows Server 2008/2003、AIX、Solarisを搭載したサーバ、および混在環境でも利用できる。

 本体サイズは4,756(W)×1,245(D)×2,000(H)mm、重量は2,050kg。テープロード/アンロード時間は19秒、平均データアクセス時間は62秒。接続インターフェイスはファイバチャネル。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top