「価格」ならマック、「味」ならモス〜ファーストフード人気調査 | RBB TODAY

「価格」ならマック、「味」ならモス〜ファーストフード人気調査

エンタメ その他

ファーストフード利用率に関する意識調査
  • ファーストフード利用率に関する意識調査
 どこの街角でも見かけるファーストフード店。手軽さと身近さが魅力だが、人々はどのくらいの頻度で利用し、どんな理由で店舗を選んでいるのだろうか。アイシェアが20代から40代を中心とするネットユーザー男女405名の回答を集計した。

 ひと月にどのくらいファーストフードを利用するか聞いたところ、全体の半数近い46.7%が「月1〜5回程度」と回答、特に30代では過半数にのぼった。「月6〜10回」は4.7%あったが、それ以上の頻度で利用している率はごくわずかだった。その一方で、「ほとんど利用しない」が47.9%にのぼり、男性と20代では過半数を占めていた。

 最もよく行くファーストフード店は「マクドナルド」が70.6%で、「モスバーガー」の13.7%を大きく引き離してトップ。以下、「ミスタードーナツ」が6.6%、「ケンタッキーフライドチキン」が4.3%、「ロッテリア」が2.4%の順だった。性別、世代別でもほぼ同様の結果となったが、男性のみ「ケンタッキーフライドチキン」が「ミスタードーナツ」より高順位となり、嗜好の差が現れた。

 最もよく行く店を選ぶ理由は、「近いから」がトップで29.9%、次いで「価格」が25.6%、「味」が18.5%、「簡単に済ませられるから」が15.2%と続いた。年代別に見ると、40代では「価格」が43.1%を占めてトップ。「近いから」は18.5%にとどまり、20代、30代との意識差が顕著だった。全体の約1割を占めた「その他」の自由回答には「子どもが好きだから」と「クーポン」「景品付きセット」などが多く、「子ども」と「特典」が店舗選びに影響を及ぼしている。

 選択理由を店ごとに見ると、「マクドナルド」は「価格」が34.9%、「近いから」が30.9%で、「味」は5.4%と1割にも満たないが、「モスバーガー」は「味」が69.0%を占め、「近いから」は17.2%、「価格」はゼロ。対照的な結果となった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top